不動産・任意売却・借地底地借家に強い事業再生士・CTP村上行政書士事務所

会社概要

 
貴方は不動産を眠らせてはいませんか?
唯々諾々と高い固定資産税などを払い続けてはいませんか?
確かに、不動産は貴金属や有価証券同様素晴らしい財産の一つで、安定した資産の代表格です。土地神話の頃は、評価額は確実に右肩上がり、長く持っていさえすれば資産倍増となった時代でした。
ですから、不動産はたくさん持って手放さず、「動か~~ざること、山の如し~~」という感覚で子孫に引き継ぐのが最良の資産構築方法でした。
ところが、21世紀に入ると、不動産価格は乱高下、上がったり下がったりがあたりまえの時代になってきました。
不動産は、貴金属や有価証券と異なり、固定資産税などの所有コストが重く、家賃収入等のインカムも期待はできますが、REIT等の利回り、PBR1倍割れの株価と比較すると、どちらのインカムが有利で確実かは微妙なところもあります。
要は、不動産も他の資産同様
・安く買って、高い時に高く売る。
・所有期間の所有コストは低めに抑え、極力高目のインカムを得る。
等ということが大切かと思います。不動産も近年は証券化等の流動化手法が一般的になり、「疾きこと~風のごとく~」とまではいきませんが、少しずつ動かしやすくなってきました。株式やREIT同様、価格が下がりそうな時はカラ売りでも出来れば、地価の乱高下にも対応できるのですが、それはなかなか難しそうです。
しかしながら、売買、交換等の既存手法と併せ、証券化や特定共同事業の手法を用いれば、動かない不動産も動き出し、決算書や申告書で眠っていた不動産も、元気に活性化されることが良くあります。不動産が、決算書を激変させてくれるのです。
「カールじいさんの空飛ぶ家」「天空の城 ラピュタ」などは、空想上の空飛ぶ不動産ですが、動かない不動産を動かし、BS/PLを変えることにより、貴方の不動産は「空飛ぶ不動産」となって大活躍することになります。
 


所長:村上 武平
 
事務所概要
村上行政書士事務所
札幌市中央区北3条西17丁目2-31
TEL:011-640-5322
FAX:011-611-8997
 
資格等
 

当事務所の運営理念
当事務所では、不動産の有効活用、処分、あるいは証券化等により、経営改善を図ろうとされる経営者の方々、並びに事業の再生再活を希望される経営者の皆様と共に、飛躍の日々が訪れるよう、努力する事を事務所運営の責務と考えています。
 
略歴

札幌北高校(20期)を経て、
昭和50年3月防衛大学校卒業(応用物理学科 19期 陸)
幹部候補生学校(久留米、56B)を経て、第3通信大隊(伊丹千僧)へ
支援合通小隊々長、後期新隊員教育隊区隊長などを経てS53退官

その後父の経営する土木建築会社等を経て、S55に不動産会社を設立。
幸運にも、設立とほぼ同時に某信託銀行のファミリー業者となる機会に恵まれる。 その後同行協力業者として販売提携業務等に注力

昭和63年、初めての不動産証券化業務(自ら土地信託の委託者となる)に携わる機会を得る。

その後、同社で分譲マンション、賃貸マンション、分譲宅地を企画監修する機会を得る。

平成6年、不動産コンサルティング技能登録 (4-03624
平成7年、1級土木施工管理技士 試験合格
平成8年、1級建築施工管理技士 試験合格
平成13年、マンション管理士、行政書士、試験合格
平成14年、行政書士登録
平成17年、技術士補(建築部門)
平成19年、CTP(認定事業再生士

 
趣味
陸  犬の散歩
海  ヨット (平成5年、小樽カップ優勝艇オーナー)
空  飛ぶこと(自家用操縦士~陸上単発)
 
独り言
私の名はムラカミタケヒラと読みますが、通称ブヘイと呼ばれています。
経歴では、何やら堅物で運動神経も良いように思えますが、実は少々異なります。 運動音痴で、カラオケもオンチ。更には、口は堅いが頭は結構柔らかく、人情モロい。
不条理、非人情、横暴、強圧の類は大嫌いで、毅然と立向う。
専守防衛等は絶対に考えない。
そんな事から、出世と成功の機会を散々逃していますので、再生業務に携わる「士」の中では経営者の心情を吾身の事と思い共鳴できる者と自認しています。


Copyright © daimarunet.com All Rights Reserved.